FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > Molière

--
-----
--

category:
スポンサー広告

tags:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 観た:映画・DVD > Molière

2012
03-10
Sat


Molière

モリエール 恋こそ喜劇 [DVD]

最近観たDVDで、良かった一本。

1644年、パリ。
まだ駆け出しの役者に過ぎなかった若きモリエールは、仲間たちと意気込んで劇団を旗揚げしたものの経営難で破産の危機、債権者に訴えられ二度の投獄、そして二度目の釈放の後、忽然と姿を消す・・・。
伝記では空白となっているその後の数ヶ月間を、笑いとロマンスを交えつつ描いたフィクション。

派手さはないけれど、終始ニヤニヤくすくす、最後はほろり。
モリエール役のロマン・デュリスはもちろん、不器用さが地味に可笑しいムッシュ・ジュルダンや、母、妻、女、それぞれの顔の間で揺れ動く、マダム・ジュルダンのラウラ・モランテも、すごく良かった。

映画の随所にモリエール作品のエッセンスが散りばめられているので、先に読んでおくとより一層楽しめるかも。

タルチュフ (岩波文庫 赤 512-2)

↑ジュルダン家に居候中、モリエールが名乗る偽名が「タルチュフ」。
DVDと一緒にモリエール作品をいくつかぽちりと買ってみたので、読後に再度鑑賞予定。
もちろん、予備知識なしでもじゅうぶん楽しめる映画です。

モリエール 恋こそ喜劇 [DVD]
B005OGTWI6

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Tag Cloud

rss

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。