FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200

--
-----
--

category:
スポンサー広告

tags:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 覚え書き > デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200

2012
03-07
Wed

category:
覚え書き

tags:

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200

ヤマハエレクトロニクスマーケティングさんからのご招待で、テレビスタンドをまたいで置けるスピーカーと縦横自在のサブウーファーで、臨場感たっぷりの音が楽しめる、デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200の体験会に参加してきました。

テレビの薄型化に伴って、二の次三の次になってしまっている、テレビ本体のスピーカー。
そして、7.1chのリアルサラウンドのデジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200。
それぞれ、部屋の広さや音量など一般の家庭に設置した場合と近いような環境で、音楽、ドキュメンタリー映像、映画などをの音を聴き比べ。

この写真だとちょっと分かりづらいのですが、前面と両側面がスピーカーになっています。
テレビの画面の前にすっぽり収まるこんなスリムなバータイプなのに、すごいんですよ、これが。

音楽のライヴ映像で特に違うのが重低音で、テレビの音だけで聴いていると何だか薄っぺらい音だなーと思っていたのが、切り替えたとたん、低音が響く響く。一気に深みのある音に。
こんな良い音でクラシックを聴きたいわ・・・なんて高尚ぶってみたいところですが、たぶんわたしはメタルかな。
メタルだって、おなかにどすんと響く重低音、超大事!超重要!!!
・・・おっと、久しぶりに暴走してしまいました。

さて、気を取り直して、と。
イグアスの滝のドキュメンタリー映像なども、TVの音でも水音はそれなりに迫力があるのですが、YSP-2200だと、風圧を感じるような音が加わって一気に奥行きのある音に。
映画もそれぞれのシーンでの音の方向まで感じることが出来て、臨場感たっぷりです。
ちょっとした映画館みたいで、大型のはずのテレビが小さく見えちゃうくらいの、音の迫力。
それも、大音量の迫力ではなくて、家庭で通常テレビを観るときくらいの音量で聴いているにもかかわらず、音の厚みや深みから来る迫力の音。すごい。

おうちに設置しようものなら、一気にお部屋が映画館風に。
はたまたライヴ会場風に。
家でのんびり過ごす休日が充実しそうで、良いな。

YAMAHA 薄型テレビオーディオ総合サイト
デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200


スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Tag Cloud

rss

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。