FC2ブログ

Home > 2012年01月

2012年01月 Archive

2012
01-31
Tue

category:
覚え書き

tags:

X-Night

富士フイルムのイベントレポートつづき。
会場では、DJ cargoやサカクラカツミ、QUISSなどのパフォーマンスも。

中でも、サカクラカツミさんの映像×ダンスのパフォーマンスが、ものすごくカッコ良かった!
動いているところをお見せ出来ないのが、残念。





興奮して、撮り過ぎ。

X-Pro1製品サイト

※富士フイルムさんに招待されました。


スポンサーサイト




2012
01-29
Sun

category:
覚え書き

tags:

富士フイルム X-Pro1

この日は富士フイルムさんに招待されて、渋谷の松濤ギャラリーで開催された、富士フイルムの「Xシリーズ」のイベントにお邪魔してきました。

XシリーズのX10やX100を使って女優、モデル、イラストレーター、ミュージシャンなどなどの著名人が撮影した写真の展示も。
同じカメラで撮ったものでも、人それぞれの個性があって、見比べると面白い。

この日のイベントの目玉、新製品のX-Pro1。
コンセプトは、「頂点という、原点」。
カメラを構えて、ファインダーを覗いて、撮る。
高機能でありつつ、「写真を撮る」という原点を今一度見つめ直したカメラ。
レトロさ加減が素敵な見た目に、細かなこだわりと高機能な中身がぎゅぎゅっと詰まっています。

もちろん、高機能過ぎて結局使いこなせない・・・なんてこともなく、あれこれ設定をいじらなくてもお利口さんなカメラがそのままで素敵な画を撮ってくれるし、自分なりに使いこなして、自分らしい写真を撮ることも出来ちゃいます。
それぞれに魅力的な3種のレンズや、フラッシュなどのアクセサリーが充実しているのも、嬉しいところ。

説明を受けながら触れて試せるタッチ&トライコーナーで。
このカメラ、シャッター側の上部が少し傾斜しているので、非力&左利きのわたしでもシャッターが切りやすく、しかも切るときの感触が軽いのにアナログっぽくて(是非実際に触れてもらいたい!)、なんだか気分が上がります。

カメラの機能の小難しいことはさっぱり分からないけれど、見た目、使い勝手、撮れる画の質感、どれも魅力的で、すっかり物欲がうごうごと・・・。

さて。
もちろん、イベントはこれだけじゃーありません。
いよいよパフォーマンスが始まります!

・・・つづく。

X-Pro1製品サイト


2012
01-27
Fri

category:
覚え書き

tags:

昨夜は

昨夜は、物欲を刺激されまくったとある新製品と、こころ踊るパフォーマンス。
詳しくは、改めて。


2012
01-22
Sun


invati

先日発表会にお邪魔したAVEDAの「インヴァティ」、エクスフォリエイティングシャンプー、コンディショナー、スカルプ エッセンスのホームケア用3品を、一足お先にお試ししています。
毛が細くなったり、抜け毛が気になったりと、歳を重ねるにつれて新たに気になり出す、髪や頭皮の悩み。
そんな悩みに焦点を当てたエイジングヘア&スカルプケアが、このインヴァティ。

もともとの髪が柔らかめなので、上手いことスタイリングしないとトップがぺたんとなりがちな、わたしの髪。
何でもアリな若い頃と違って、やはり髪にある程度のツヤとボリュームがあった方が、若々しく素敵に見えるよな・・・と思い始めていた今日このごろだったので、効果に期待しつつ使ってみたところ・・・。

うん、確かにコシがあると言うか、ぎゅっと密度のある髪になって、かつふわっとスタイリングもしやすくなったかも。
AVEDAらしい、オーガニック植物エッセンスの香りも、好き。
ラベンダー、ローズマリー、イランイラン、ゼラニウム、ギンバイカ、タイム、アンブレッテなどなど20種類以上のエッセンスのブレンドで、ちょっと青みのあるすっきりとしたラベンダーが一番印象に残るかな。
癒されます。

スカルプケアには、マッサージも有効なのだそう。
イベントのときにレクチャーしてもらった、スカルプ エッセンスとパドルブラシを使ったエイジングヘアケア マッサージも、もちろん実践中。

髪を切ってもらっているサロンでも、頭皮のごっちごちな凝りっぷりをいつも指摘されるので、これで頭皮も元気になると良いな。
ここ最近、とりわけ季節の変わり目には抜け毛の量にビビることが多くなってきたのだけれど、それも軽減されるんじゃないかと、密かに期待。
しばらくしっかりとケアを続けてみる予定です。

AVEDA


2012
01-22
Sun

category:
粧した:小物

tags:

ZARA 黒スタッズブーツ

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

2012
01-21
Sat

category:
出掛けた

tags:
松山

2011年冬 松山の旅

記事を分けて長々と書いて来たので、改めて、2011年冬・松山の旅まとめ。

記事を読んだ友人から「てっきり三泊四日くらいでのんびり行って来たのかと思った」と言われましたが、実は今回、一泊二日の旅でした。
松山は空港から市街地が近く、道後温泉も市の中心地から市電でほんの10分足らず。
ぎゅぎゅっと街がコンパクトに出来ているので、移動に余計な時間がかからず、土日を使った一泊二日の旅でも、盛りだくさんで色々楽しめちゃうんです。
ちなみに今回の場合は・・・

【一日目】
羽田空港→松山空港着、市内へ移動→鍋焼きうどんの昼食→商店街散策→松山城→萬翠荘→坂の上の雲ミュージアム→坊ちゃん列車→道後温泉本館→にきたつ庵で夕食&道後ビール→水口酒造・工場見学→大和屋本店(温泉&宿泊)

【二日目】
旅館で朝食→道後温泉本館で入浴&又新殿など見学→ターナー島など車窓から眺めつつ高浜港へ→フェリーで中島へ→みかん狩り体験→海鮮ランチ→クダコロード散策&磯遊び→怒和島へ移動→ぼっちゃん島あわび養殖場見学→あわびの試食→高速船で高浜港へ→松山空港→羽田へ

記事も改めて、まとめておきます。


そして、参考Links。

温泉はもちろん、船でめぐる島々、のんびりした松山弁の響きや、ゆったりとゆるやかに暮らす人々に触れて、しっかり身も心もリフレッシュ出来ました。
また行きたいな。

愛媛県松山市に招待されました。


2012
01-15
Sun


Beginners

「サムサッカー」のマイク・ミルズ監督の長編映画二作目、「人生はビギナーズ」の試写会へ行ってきました。

「私はゲイだ。これからは本当の意味で人生を楽しみたいんだ。」
母の死の五年後、癌を宣告された75歳の父親ハルの、突然の告白。
カミングアウト後の人生を謳歌する父、一方で、内気な性格で恋愛にも臆病、38歳独身のオリヴァー。
そして父の死後、友人から呼び出されたパーティでオリヴァーが出会う、ちょっぴり不思議ちゃんな女優のアナ。
新しい恋のゆくえと、父の言葉や母との思い出が絡み合いながら、それぞれが一歩前に踏み出す勇気を得るお話。

ものっそい地味で不器用な役どころのユアン・マクレガーが可愛いし、ハル役のクリストファー・プラマー、アナ役のメラニー・ロランはもちろん、他の脇役も良い感じ。
そしてなんと言っても、オリヴァーの愛犬ジャックラッセルテリアのアーサーが、可愛いくてちょっぴり可笑しくて、いい味出してます・・・。

監督自身のプライベートストーリーがもととなっているそうで、派手な展開があるとか、ものすごく感動的なエピソードがある、というわけでもないんだけれど、地味にしみじみ淡々と、ときにくすっと可笑しく、そっとやさしく肩に手を置かれるような映画でした。
2月4日から、新宿バトル9、TOHOシネマズシャンテほかにて公開。

300_100_t.jpg
映画『人生はビギナーズ』公式サイト


 Next page Index of all entries

Home > 2012年01月

Tag Cloud

rss

Return to page top